どっちが働きやすい?キャバ嬢とホステスの違いを比較

キャバ嬢とホステスの違い


この記事を読んでいただいている方の中には、キャバ嬢に限らず、ナイトワーク全般で仕事を検討している方もいるかもしれません。
その中でも、キャバ嬢と比較しがちなのがホステスの仕事です。

名前の違いは単純で、キャバ嬢はキャバクラで働く女性、ホステスは高級クラブで働く女性のこと。
では、このふたつのお店の違い、そしてキャバ嬢とホステスの仕事内容の違いとは何なのかお教えいたします!

仕事内容の違い

基本的に、お客さんとおしゃべりをするという仕事内容に大きな違いはありません。

ですが、その接客の方法に少し違いがあり、キャバクラではお客さんとキャバ嬢がマンツーマンで接客します。それに対して、高級クラブではお客さんひとりに対してホステス複数人で接客することになるんです。

そのことから、キャバ嬢は自分でお客さんのお酌からトークまで、全部自分で行うことになりますが、ホステスの場合は他のホステスと協力して接客することになります。

自分ひとりで接客するか、協力プレイで接客するかは人によってやりやすさが違うことでしょう。その接客スタイルから、キャバ嬢かホステスか選ぶのもおすすめですね。

給料システムの違い


単純に言うと、キャバ嬢は時給制、ホステスは日給制のところが多いです。
最近ではホステスも時給制のところが増えてはいるものの、特に老舗の高級クラブになると日給制のところが目立ちますね。

その上、キャバ嬢はその売上によって時給がアップしたり、バックがもらえるお店も多いですが、ホステスの場合は一律のところが多いです。

特にヘルプのホステスはその傾向があって、売上は売上ホステスがすべてバックとして手に入れて、ヘルプはあくまでもそのヘルプ。バックもつきません。

売上ホステスになれば月給100万円以上も受け取っている売れっ子もたくさんいらっしゃいますが、ヘルプはノルマなどの重責がない分、昇給のタイミングも少ないですね。

客層の違い

もちろんキャバクラのランクにもよりますが、高級クラブの方が高収入なお客さんの割合が多いのが事実ですね。

キャバクラの場合、お金を持っていれば誰でも来店することができます。その料金設定やお店の雰囲気から、そこに来店するお客さんの雰囲気は違いますが、サラリーマンが中心ですね。

その一方で、高級クラブの場合は、そのお店のママが認めた高収入で社会的地位の高いお客さんしか来店することができません。

そのことから、高級クラブの方が限られたお客さんしか来店しないものの、その分信用に足る、安心して接客できるお客さんが多いのがその特徴です。

そのシステムから、お店の中で知り合いとばったり、という悲劇が起きづらいのも高級クラブの良いところですね。

年齢層の違い


こちらについてもキャバクラのお店のランクによって違いがありますが、大きく見ると年齢層にも少し違いがあります。

キャバクラの場合は格安店から高級店まで様々で、来店されるお客さんも20代〜50代以降と、若いお客さんから年配のお客さんまで、様々なお客さんが来店されます。

その一方で、高級クラブに関してはママが認めたお客さんのみなので、比較的年齢層が高く、40代〜60代くらいの方が多いです。
お店によっては、お客さんが部下を連れてくることもあるので、その場合は30代くらいの方も来店されます。

結局どっちが働きやすいか


では、結局のところ、キャバクラと高級クラブ、どっちの方が働きやすいのかと言うと、あなたの性格による、ですね。
答えを濁すような形になって申し訳ないですが(笑)

ただ、どんな方に向いているかと言うと、まずキャバクラは賑やかに飲みたい方におすすめです!比較的若いお客さんが多く、「キャバクラ」というイメージから、お客さんも明るい、賑やかなキャバ嬢を求めている割合が非常に多いので。

それに対して、高級クラブは落ち着いて飲みたい方におすすめです。しっとり高級感のある雰囲気で飲みたいなら、高級クラブの接客の方が合っている方が多いでしょう。

まとめ

キャバクラと高級クラブの違いについてまとめますね。

・キャバクラはマンツーマンでの接客、高級クラブは多対1での接客
・キャバクラは時給+バック、高級クラブは日給制のお店が多い
・キャバクラは誰でも来店OK、高級クラブはママの認めたお客さんのみ
・キャバクラよりも高級クラブの方がややお客さんの年齢層は高い

以上のように、キャバクラと高級クラブは、その接客内容に大きな違いはないものの、お店のシステムに大きな違いがあるので、自分の性格に合っている方を選びましょう。

ただ、私はこの違いを知った上で、自分の頑張りがすぐにお給料に反映されるキャバクラを選びました。ナイトワーク初心者の方にとっては、すぐに高収入を得られるキャバクラの方が魅力があるかもしれません。
そんな風に、自分の目的に合わせてお店を選ぶのもおすすめです!