【名古屋VS東京】キャバクラの特徴を比較してみました

名古屋のキャバクラの特徴


キャバクラはその場所によって雰囲気や特徴が違うんですよね。
本格的にキャバ嬢の仕事をしたいと思っている方の中には、地元名古屋のキャバクラか、いっそ上京して東京のキャバクラで働くか悩んでいる方もいるかもしれません。

お店の雰囲気を比較する上で、まずは名古屋のキャバクラの特徴についてご紹介します!

県内で最もキャバクラが多い

愛知県名古屋市は愛知県の中でも最もキャバクラの店舗数が多く、まさに選び放題と言えます。
特に名古屋市内の中でもキャバクラが多いと言われているのが栄と錦。

この2つのエリアの詳しい特徴については別の記事で詳しく紹介していますが、どちらも高時給・高待遇で働けることはもちろん、未経験からでもOKのお店がほとんど。
そのことから、とても働きやすい雰囲気のお店が多いんですよね。

関連記事:「【厳選】栄・錦のキャバクラで働くなら見ておきたい人気店&特徴

落ち着いてるお店が多い


それから、名古屋市内には比較的高収入のお客さんが集まりやすいことから、落ち着いた雰囲気の高級店も数多く存在します。
キャバ嬢の雰囲気も比較的落ち着いていて、大人っぽい雰囲気の方が多いです。

特に見た目が大人っぽい雰囲気の方にとっては、名古屋のキャバクラはとても馴染みやすいと感じるかもしれません。
接客についても、テンションを高くはっちゃけた感じよりは、マナーを守って優雅に飲む、というキャバ嬢の方が好きなお客さんが多いですね。

美人が多い

名古屋に美人が少ないというのは、キャバ嬢業界では都市伝説です(笑)
特に東海地方でキャバクラの多い場所が名古屋に限られるからか、東海地方の美人ナイトワーカーが名古屋に集結しています。

そのことから、特に名古屋のキャバクラには美人が多いのが特徴。その中で売れるには、トーク力が必要不可欠。お客さんとの会話を盛り上げられるキャバ嬢になってどんどん稼いじゃいましょう!

東京のキャバクラの特徴


一方で、東京のキャバクラはどのような雰囲気なのか。
実は東京には全国各地のキャバ嬢志望の女性が集まっている高レベルエリア。

東京のキャバクラで現役で働いているキャバ嬢の中には、実は東海地方出身の方もいます。
では、東京のキャバクラで働く魅力は何なのでしょうか?

六本木や銀座に集まってる

全体の店舗数で言えば、名古屋よりも東京の方が多いです。
その中でも特に店舗数が多いのが、六本木や銀座。有名な新宿歌舞伎町にもキャバクラが集まっていますね。

日本1人口密度が高いエリアでもあるのでその分キャストもお店も、その種類が非常に多く、その中から自分に合ったお店を見つけることが必要です。

その中で六本木や銀座は特に高級店が多く、時給5,000円以上で働けるお店も珍しくありません。たくさん稼ぎたいという方にとっては、まさに絶好のエリアだと言えますね。

賑やかなお店が多い


名古屋は落ち着いた雰囲気のお店が多いですが、その一方で東京にはどちらかというと賑やかなお店が多いです。特に賑やかなお店が多いのが六本木や歌舞伎町、渋谷ですね。

特にこの辺りは若いキャストが多く、飲み会感覚ではっちゃけられるお店が多いので、ギャルっぽい雰囲気の方や明るい性格の方に向いています。
もちろん東京にも名古屋同様しっとり落ち着いた雰囲気で接客ができるお店も存在します。
東京で落ち着いて接客したいなら銀座がおすすめですね。

接客上手が多い

東京には多くのキャバ嬢志望が集まってきます。中には、地元のキャバクラでナンバーを取っていたような人気のキャバ嬢が入ってくることも多数。
そのことから、東京は美人なキャバ嬢から接客上手なキャバ嬢まで、非常にレベルの高いキャストもたくさん在籍しています。

そのことから、上京してキャバ嬢の仕事をしたいと思っている方も、まずは名古屋や地元のキャバクラである程度経験を積んでから上京する、というのもおすすめです。

まとめ

名古屋と東京のキャバクラの特徴を比べていきましょう。

・名古屋も東京もその地方では最もキャバクラが密集している
・落ち着いて接客するなら名古屋、賑やかに接客するなら東京
・名古屋には美人が多く、東京には接客経験豊富な方が多い

このように、名古屋と東京ではそのキャバクラにも違いが存在します。
キャバクラで働く際は、そのお店の雰囲気はもちろん、一人暮らしをする場合は生活環境や生活費についても考えた上で働く場所やお店を決めていってくださいね。