夜と何が違う?朝・昼キャバの特徴まとめ

朝キャバ・昼キャバの夜との違い


最近よく朝キャバ・昼キャバという言葉を耳にしませんか?

簡単に言うと朝キャバ・昼キャバというのは、朝・昼の時間帯に営業しているキャバクラのこと。
そのお店の雰囲気や仕事内容には大きな違いはなく、違うのはそこで働くキャストやお客さんの雰囲気だけなんです。

朝キャバ・昼キャバで働くキャバ嬢の多くが、主婦やシングルマザー、何か別の仕事と掛け持ちをしている方が多く、夜キャバよりものんびりと働けるお店が多いですね。

例えば、子供を幼稚園・小学校に送り出した後に、パート感覚で昼キャバに働きに行くなど。
自分のスケジュールに合わせて働きやすいお店が多いんですよね。

そして、お客さんは夜の時間に働いている方が中心。例えば、バーテンダーやホスト、夜キャバのボーイが来店することもあります。

時間帯が違えばそこに集まる人の雰囲気も違います。自分の雰囲気に合っているようであれば、夜キャバではなく朝キャバ・昼キャバを選ぶのもおすすめです!

高収入を狙うなら夜


ただ、のんびり働くことができると言っても、多少努力をしてでも高収入を狙いたいのであれば夜キャバの方をおすすめします。

と言うのも、朝キャバ・昼キャバは同じエリアの夜キャバに比べて500円〜1,000円ほど時給相場が下がります。夜キャバは仕事の特殊性はもちろん、深夜賃金が適用されることにもなりますからね…。

その上、キャバクラと言えばやっぱり夜。夜の方がお客さんの入りも良いことから、より効率よく稼ぐことができるという点で見ると、夜キャバの方が優勢です。

ただ、朝キャバ・昼キャバも栄・錦周辺では時給3,000円〜で働けるお店も珍しくありません。
お小遣い稼ぎや副業という目的であれば、十分な額を稼ぐことができるお店が数多く存在しますよ。

まとめ

・営業時間が異なるだけで、仕事内容はほとんど変わらない
・キャストは主婦、学生など他の生活と両立している方が多い
・お客さんは夜職の方が中心。仕事終わりに遊びにきている
・がっつり高収入狙いでなければ、朝昼キャバでも十分稼げる!

朝キャバ・昼キャバは徐々にその人気を伸ばしていて、お客さんも夜職中心から、最近では定年退職後の年配の男性客や外国人観光客の来店も増えています。
朝昼の方が都合が良い方、夜は門限などの理由から働けない方は、今注目の朝昼キャバで働いてみてはいかがでしょうか?